島原完熟マンゴー

完熟マンゴー
名水百選の地、島原の美味しい水で育った贅沢な島原完熟マンゴー


幸せの甘い香り

みなさん、マンゴーって見たことありますか?実を言うと私(舞岳の里の中の人)も果実を見たのは最近なんです。大きさですか?玉子くらいから、大きいものは「紙ふうせん」がラグビーボール状になった様(わかりにくい例えでスミマセン)でズッシリとしていますよ。表面はワックスをかけたように光沢があり、さわるとベトベト感があります。そしてマンゴーの魅力の一つがズバリ「香り」です。桃に近い甘い香りです。私はマンゴーを触ったあと、手についた残り香が好きです!!ほっと幸せな気分にさせてくれますよ。

マンゴーの値段の秘密

外国産マンゴーに比べて国産マンゴーは値段が高いですよね。なぜでしょう?答えは、ビニールハウス栽培ですごく手間と時間がかかっているから。島原で唯一のマンゴー生産者 古瀬稔久さんのハウスにおじゃましたところ、ビックリ!!ハウス内では、一本一本のマンゴーの木の枝がヒモで引っ張られ、さらに一個一個のマンゴーがネットで受け止めてありました。考えただけでも気の遠くなるような作業だと思いませんか?また、マンゴーの花粉は水に弱いので雨に濡れてしまうと実をつけるための受粉ができなくなるそうです。だから日本ではビニールハウスが必要ってわけですね。外国では雨季と乾季があり、乾季のうちに花が咲き受粉してしまうので露地で栽培できるんですって。もともとマンゴーの木は10mにもなる大きな木だとか。それをハウスで栽培するための手間がハンパでないってこと。なるほど。


国産マンゴーがおいしい理由

マンゴーは完熟すると枝から落ちます。それをネットで受け止めて収穫します。この収穫タイミングが一番おいしい時で、輸入に日数のかかる外国産にはできない収穫方法だそうですよ。たっぷりと太陽の恵と栄養をつめこんだ、国産ならではの完熟マンゴーなのです。


生産者のパワーがいっぱい

島原でただ一人のマンゴー生産者、島原観光農園の古瀬稔久さんはバリバリの熱血生産者です。「努力と勉強が魅力」とおっしゃる筋金入りの努力家。それもそのはず、なんと塾も経営されているとのこと。まさに熱血教師じゃないですか。こうして島原の自然の恵と生産者の熱意がたっぷりつまった、甘くておいしい、とびきりの島原完熟マンゴーが生まれました。
島原完熟マンゴー生産者、古瀬稔久さんの素顔はこちら⇒

初夏を知らせる〜マダーボール〜


シャキッとした食感と、爽やかな甘さが自慢の「マダーボール」。太陽の光をたっぷり浴びて育ちます。

初夏を知らせるマダーボール

5月の上旬頃から出荷が始まるマダーボール(小玉スイカ)は、普通のスイカより小さくラグビーボールのような形が特徴的です。5月は夏に近づき暖かい日が多くなりますよね。特におすすめしたいのは、お風呂上がりに半分に切ってスプーンで食べる!!一人で完食できそうなくらいなんです。そんなマダーボール、夏を知らせる季節の果物だと思いませんか?

糖度13度の甘さ

スイカが日本に伝わってから、まだ300年たらず。昔の人はスイカを「水瓜」と書いていました。字のごとくスイカの90%が水分で、糖分を多く含んでいるんです。おやつにはお菓子もいいけど「マダーボール」はおすすめです。甘さとミネラルが豊富で健康にもいいから。冷やして食べるとアイスクリームの代わりにも??ぜひ、3時のおやつは美容と健康にマダーボールにしときましょうよ。

マダーボールはデリケート

マダーボールはスイカに比べて外皮が薄いんです。ちょっとした刺激で割れることがあります。だから箱に入れて配送する時は、運送会社さんには大変ご苦労をおかけしています。箱の外側をクッションで巻いたりしながら・・そうやってみなさんのもとへ届いたマダーボールは格別においしいと思いますよ。ところで、皮が薄いのが悪いことばかりではありません。だってその分、赤い食べられる部分が多いんですから!!何だかトクした気分になりませんか?


おいしさは生産者の愛情の証

どうでしたか?マダーボールは繊細でおいしい事が伝わりましたか?でもこのおいしさの一番の秘密は、「生産者の愛情」なんです。まるでわが子を育てるように大切に見守りながら生産するんです。さて、その生産者はどういう思いで育てているのでしょう?実際に、マダーボールの生産者「竹田幸子さん」にお尋ねしてみました。
それではこちらからどうぞ⇒

| 1/1PAGES |