初夏を知らせる〜マダーボール〜


シャキッとした食感と、爽やかな甘さが自慢の「マダーボール」。太陽の光をたっぷり浴びて育ちます。

初夏を知らせるマダーボール

5月の上旬頃から出荷が始まるマダーボール(小玉スイカ)は、普通のスイカより小さくラグビーボールのような形が特徴的です。5月は夏に近づき暖かい日が多くなりますよね。特におすすめしたいのは、お風呂上がりに半分に切ってスプーンで食べる!!一人で完食できそうなくらいなんです。そんなマダーボール、夏を知らせる季節の果物だと思いませんか?

糖度13度の甘さ

スイカが日本に伝わってから、まだ300年たらず。昔の人はスイカを「水瓜」と書いていました。字のごとくスイカの90%が水分で、糖分を多く含んでいるんです。おやつにはお菓子もいいけど「マダーボール」はおすすめです。甘さとミネラルが豊富で健康にもいいから。冷やして食べるとアイスクリームの代わりにも??ぜひ、3時のおやつは美容と健康にマダーボールにしときましょうよ。

マダーボールはデリケート

マダーボールはスイカに比べて外皮が薄いんです。ちょっとした刺激で割れることがあります。だから箱に入れて配送する時は、運送会社さんには大変ご苦労をおかけしています。箱の外側をクッションで巻いたりしながら・・そうやってみなさんのもとへ届いたマダーボールは格別においしいと思いますよ。ところで、皮が薄いのが悪いことばかりではありません。だってその分、赤い食べられる部分が多いんですから!!何だかトクした気分になりませんか?


おいしさは生産者の愛情の証

どうでしたか?マダーボールは繊細でおいしい事が伝わりましたか?でもこのおいしさの一番の秘密は、「生産者の愛情」なんです。まるでわが子を育てるように大切に見守りながら生産するんです。さて、その生産者はどういう思いで育てているのでしょう?実際に、マダーボールの生産者「竹田幸子さん」にお尋ねしてみました。
それではこちらからどうぞ⇒

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック